アトピーの改善には化粧水がもってこい|欠かさず活用しましょう

色艶の良い唇を演出

メイク道具

種類豊富なアイテム

リップグロスは艶や光沢を出すために唇にのせるコスメで、基本は透明や半透明で、マットタイプの口紅のトップコートとしても用いられています。口紅とルージュは同じ意味合いで使われています。これまでは、エナメルのような厚みある艶などの重たい印象のコスメであったものの、くすみを無くし、色持ちやボリュームをメイクできる種類が揃っています。男性も愛用しているのが、リップクリームで、バームとしても販売されています。唇の皮膚は目のまわり同様、薄くて汗腺も無く、乾燥しやすいパーツです。カサカサしたり、皮がめくれたりなどの乾燥を防ぐために塗るのが一般的です。コスメよりもドクターズコスメとしたポジションで、オイル系保湿成分が配合されているため、なめらかなテクスチャーが特長です。健康的な血色の良い唇を演出するには、色付きとなるリップクリームも展開され、口紅の下地としても用いることが可能です。また最近のコスメでは、リップケアオイルをベースにしたルージュなども誕生しています。唇そのものが色づいたような仕上がりから、モテ質感リップとして評価されてもいます。唇の水分に反応して発色する処方で、時間が経っても色落ちせず、つけたてがキープできます。スクワランが配合されているケースも増え、極薄にフィットさせられます。カラーレスなのか発色なのか、マットなのか艶なのか、気分や唇のコンディションで様々な種類から選ぶことも利点です。唇が乾燥しがちな人はクリームタイプで荒れも整いますし、色落ちが気になるパターンでは、塗布後に唇をこすり合わせてから時間を置くと持続力も高まります。また、クレンジングでは専用リムーバーでオフすることが大事で、落ちにくさは魅力ですが、摩擦によるシワをつくってしまいがちです。優しくオフすることで、健康的な唇を保つことに繋がります。